クロネコヤマトとヤマトホームコンビニエンスの違い

トップページ
お気に入りに追加
  

クロネコヤマトとヤマトホームコンビニエンスの違い

宅急便でお馴染みのクロネコヤマトでお引っ越し

 

ヤマト運輸のクロネコヤマトというと、宅急便としてのイメージが強いことでしょう。

自ら荷物を発送をしたことがなくても、一度くらいはクロネコヤマトで荷物が送られてきた経験があるのではないでしょうか。

 

実はヤマト運輸では「ヤマトホームコンビニエンス」という引越しサービスも展開しているのです。

これは新しいサービスではなく1925年には引越し業を開始しており、宮内省ご用達運送として任命されたのです。

 

1979年以降は少量家財引越しなどの新サービスを誕生し、単身向けや高齢者向けのプランなども利用できるようになりました。

 

ヤマトホームコンビニエンスはクロネコヤマトの荷物運送と同じく、全国展開をしていますので近くの営業所からトラックが来てくれますし、研修を済ませたプロのスタッフが引越し作業を行ってくれます。

夫婦で引越しをするとなると、単身の場合よりも荷物量が増えてしまうことが多いため、ヤマトホームコンビニエンスの分割配送システムを利用すると便利です。

 

布団や食器など1泊分の家財を先送りして、後から大型のタンスや食器棚などを配送してもらうことで、スムーズに荷ほどきができます。

もちろん荷づくりサービスと荷ほどきサービスの有料オプションがありますので、共働きの夫婦だとしてもすぐに新生活へと移行できます。

 

不用品の引取や、エアコンおよびアンテナなどの取り付けも依頼できるため、引越しにおいて充実したサポートが用意されているのです。